Facebookページ
Twitter
Youtube

エンタメ

ルリカミドリ バイク好いとっちゃん 第81回 「また、やられちゃいました(泣く)」の巻

 時刻は夕方の4時前。神奈川県の大和市あたりを走っていたときのことです。
 
 藤沢街道(国道467号線)は道が狭く、いつも渋滞ぎみなのですが、このときも混んでまして、トロトロと進んでいたのです。すると、突然、ガン!と軽い衝撃があったのですよ。

 一瞬、何かに乗り上げたのかな? なんて思ったのですが、すぐに、あっ、追突されたんだ、と気づきました。





 後ろを見ると、赤いフォルクスワーゲンが停まっています。バイクを降りて見てみると、タイヤに赤い塗料がベットリと着いていました。しかし、ナンバープレートが曲がったり、ウインカーが割れたりはしていないのですよ。バンパーがタイヤに触れただけなのでしょうね。

 車から、眼鏡をかけた二十歳くらいの気の弱そうな男が降りてきて、「スイマセン。自分の番号を教えますんで……」と言ったのですが、ぶつけられてムカついたものの傷は付いてないし、これで警察に電話したり保険屋に連絡したりしても面倒だし、「いいよ、傷は付いてないし」と、その場を離れたのでした。

 皆さんはこんなときどうされますか? やはり何かの弁償をさせるのでしょうか?

 ワタシも3~5千円くらいを受け取って示談にしようかとも思ったのですが、今の若い人は現金なんて持ち歩かない人も多いらしいし、後で振り込みますので番号や住所を教えてくれ、なんてことになってもめんどくさいしね。まあ、これはこれでしょうがないですね。

 実を言いますと、一昨年も一回ぶつけられているんですよ。

 4月にこの「HONDA NC700X」を購入しまして、6月に三浦半島の三崎魚港にツーリングに出かけたのです。

 港が見えるT字路で信号停止したのですが、前に停まったバキュームカーが何をとち狂ったか、いきなりバックし始めたのです。
 ワタシはあわててホーンをビービー!と鳴らしたのですが、前タイヤにガン! と当たってしまったのです。

 頭きまして、前へ行き、運転手を睨みつけました。やはりこいつも眼鏡をかけた二十歳くらいの気の弱そうな男です。

 すると、助手席に座っていた先輩格の男がヘラヘラ笑いながら「あはははっスミマセンねぇ」なんてぬかしやがったので、よっぽど怒鳴りつけてやろうかと思ったのですが、これもタイヤに軽く当たっただけで、別にバイクには傷が付いてないしね。ムカついたけどグッと堪えてガマンしたのでした。

 どちらの件にしても、ワタシが怪我をしたり、バイクが傷ついたりしなかったのは不幸中の幸いとでも言うしかないのかもしれないのですが、でもねぇ、人にこんなことされても、怒らないし金も取らないなんて、ワタシってただのお人良しなんでしょうかねぇ~?

 ま、生まれつき気が長いし、忍耐力も強い人間だし、しょんなか(しょうがない)ですねっ。

ルリカミドリ バイク好いとっちゃん 第810回


[第80回|第81回|]
[バイク好いとっちゃんバックナンバー目次へ]





2021/02/08掲載