Facebookページ
Twitter
Youtube

エンタメ

●第120回「腕時計が、復活!?」

今回は十何年ぶりかで、腕時計をはめてみました。というお話。

大昔、携帯電話を持つまでは、しっかりと使っていたのですが、秒針が遅れたり、進んだり、内蔵の電池が、定期的に無くなったりするじゃないですか。それならもう、携帯の時計でいいや!と、しばらくご無沙汰だったのです。

師走が近づくにつれ、ネット各所でセールやっていたのをたまたま見たのです。アップルの時計、何万円引き!期間限定セール!!みたいな。アップルの時計が出た当時、デカくて重たそうだし、電池一日で無くなるし、おまけに高価ということで全然興味がなかったのですが、最近はだれでも腕にはめている(気がする)し、安くなったのなら試してみようかな、といろいろ物色していた次第。

そして、高機能な割に廉価なリストバンド型をお試しで買ってみることに。

スマートウォッチ
リストバンド型のスマートウォッチです

リストバンド型は、腕時計型よりも機能に劣るのですが、軽くて気にならない点が特長。主な機能は、一般的な機能が全部盛りな感じで、「時計」「歩数」「脈拍」「血中酸素濃度」「睡眠」「アラーム」「スマホの通知」「天気表示」「ワークアウト」等々・・・。

アプリや電子マネーの機能は必要なかったのと、気合いを入れてスポーツをするわけでもなく、歩数とか睡眠とかが見られればいいかな!?ということで選んだこちらの時計ですが、記録を開始してみたら意外と面白い!

歩数計機能
歩数計機能。歩いた距離とか運動強度とかが見られます。
心拍計機能
心拍計機能。寝たり活動している時の状態とかが見られます。
睡眠記録機能
睡眠記録機能。何時に就寝とか、きちんと寝られたなどがみられます。

特に睡眠機能は、何時に寝たとかまで自分では覚えていないので、あとで確認できるのは参考になりますね。

記録された情報は、時計単体でも見られるのですが、スマホにアプリを入れてBluetooth連携させることで、詳細な情報が確認できるようになっています。天気予報、気温、湿度、風速、UVなども逐次時計に転送されるので便利!

また、画面表示をいろいろ替えられるのが楽しいです。アプリで選んで「転送」ってボタンを押すと、すぐに差し替えが可能。公式アプリでスキンが何十種類も用意されていたので、片っ端から差し替えて遊んでしまいました。

選べる表示の一例
選べる表示の一例。
選べる表示の一例
選べる表示の一例。

各スキンは表示内容がいろいろカスタマイズされています。また自分の好きな写真などをセットすることもできるようになっているので良心的!

ところで気になる電池持ち、ですが、一日や二日では「全然減らない!」というのが実感です。カタログにも2週間と書いてあって納得です。余談ですが、連携先のスマホは、詳細機能をONにすればするほど鬼のように電池を消費するので気を付けましょう(筆者はメインで使わなくなったiPhoneをこれ専用にしました)。

こういう時計をネットで探してみると有名、無名のものが混じり合って多数掲載されているのですが、表示のデザインや機能、アプリ連携などを比較するとかなり違ったりします。価格も本当にピンキリ。見えない品質もあるので知ったメーカーのを選ぶのが吉。

ちなみに、アプリのセットアップをしたときに、「どのデバイスと連携しますか?」ということで表示された選択肢が
「バンド」
「腕時計」
「シューズ」
「体重計」
とあったのですが、

「なかなかいい商売してるじゃないか」と思った私は即刻調べました。
「バンド」  →本機のこと。
「腕時計」  →お値段一万円ちょい。時計スタイル、本機より高機能。
「シューズ」 →お値段数千円。履いて歩くと歩数が測れる!
「体重計」  →お値段3000円くらい。測定データは一瞬でスマホへ連携。

これを見てお気づきかと思いますが、この値段ならと思い、体重計の方もつい買ってしまいました。

体重計
シンプルデザインの体重計。乗るだけでいろいろ自動測定、データはスマホ画面で見られます。

体重も体組成も気にしていないので、ちょっとお遊びな感じです。
いえね、スマホと連携する体重計っていうやつを一度試してみたかったのです・・・。

ということで、年末に向け、何気ないネットサーフィンには注意しましょうね。
それでは良いお年を!


[第119回][第120回][]

[しびれま変圧器バックナンバー目次へ]





2021/12/20掲載